YUKI皮フ科形成外科

ABOUT当院のご案内

当院概要

医院名 YUKI皮フ科形成外科
診療科目
  • 皮膚科一般
  • 形成外科一般(月・火・金・土のみ)
  • 内科(土曜日のみ)
  • その他自費診療
診療予約 ご予約はお電話で承っております。(予約の際は、皮膚科か形成外科のどちらを予約希望かお伝えください。もし分からない場合は症状をお伝えください。)
予約の患者さんを優先させていただきます。ただし、現在診療中の時間帯の予約はできませんのでご了承ください。
所在地 〒491-0002
愛知県一宮市時之島字四ツ辻2
アクセスを見る
電話・FAX 電話: 0586-51-1380
FAX: 0586-51-1380
その他 毎月月初めには保険証をご提示ください。
保険証をお持ちでない場合は、自費での診療になりますので、ご了承ください。
自費診療でのみクレジットカード使用可能

診療受付時間

時間
9:00〜12:00 ○* / ○* /
15:30~18:30 ○* / / /
  • 受付時間は、診療開始15分前から、診療終了15分前です。ご注意ください。
  • * 内科の診療は土曜日午前中のみです。
  • * 形成外科は水曜日、第3土曜日は休診です。
  • * ご予約はお電話で承っております。

医師のご紹介

山田 有紀

皮膚科医師 山田 有紀

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

1982年 東京女子医科大学 卒業
1982年~1984年 名古屋第二赤十字病院で研修
1984年~1995年 名古屋大学医学部附属病院皮膚科
名古屋掖済会病院皮膚科
協立総合病院(みなと医療生活共同組合)皮膚科
聖霊病院皮膚科 勤務
山田 啓太

形成外科医師 山田 啓太

  • 日本形成外科学会認定形成外科専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 日本手外科学会 会員
  • 日本美容皮膚科学会 会員
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 会員
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定責任医師
2011年 宮崎大学医学部 卒業
2011年~2014年 国立病院機構名古屋医療センター初期研修
2013年~2015年 聖路加国際病院形成外科
2015年~2016年 東京慈恵会医科大学形成外科入局
富士市立中央病院形成外科
2016年~2018年 東京慈恵会医科大学附属病院形成外科
2018年~2019年 東京慈恵会医科大学附属第三病院形成外科
2019年~2020年 富士市立中央病院形成外科診療医長

当院の想い

  • 手術や処置の麻酔は、痛みを感じにくい箇所に、負担の少ない注射を心掛けております

    形成外科の医師として、これまで数えきれない程の手術や、局所麻酔、伝達麻酔を行ってきた経験を生かして、なるべく痛みの少ない箇所に、より負担の少ない麻酔をするよう努めています。
    過去に他院で受けた麻酔の痛みが忘れられないという患者さんからも、前回より痛みが少なかったという感想を多く頂いています。

    そして、患者さんの症状をしっかりと見極めて、経過についても分かりやすく説明し、当クリニックで対応できるものは、なるべく早く対応しております。治療からアフターフォローまで、一貫して私が診ておりますが、入院や全身麻酔下での手術が必要で、当クリニックで対応が困難なものは、すみやかに対応できる医療機関をご紹介します。

  • 形成外科の診療と指導の経験が、患者さんにやさしい診療につながっています

    私は聖路加国際病院や東京慈恵会医科大学附属病院などの、関東の病院で形成外科の診療経験を積んできました。また、大学医局の関連病院では形成外科診療医長として、後輩医師達の指導も行ってきました。その際には、いかに患者さんに寄り添って診療するか、起こりうるリスクや合併症も含めて詳しく説明する大切さについて教えてきました。それは現在の診療で、患者さん一人一人にとっての、丁寧な分かりやすい、やさしい診療につながっているかと思います。

    勉強を重ね、時間をかけて診療経験を積んだ上で、日本形成外科学会認定の形成外科専門医として、形成外科に特化した診療を提供しております。
    皮膚皮下の腫瘍、傷痕、陥入爪、ケガなどの外傷、瘢痕ケロイドから、眼瞼下垂や逆さまつげなど目周りに関するお悩み等がありましたら、一度ご相談ください。

  • 不安に寄り添い、時間をかけ、分かりやすく説明します

    形成外科というと、手術などに不安を感じる患者さんが少なくないと思います。そのため、まずは分かりやすく説明することに力を入れ、時には時間をかけて、図や画像を用いながら掘り下げて説明していきます。そうすることで、少しでも患者さんが安心して処置や手術を受けられるクリニックにしたいと思っています。

    当クリニックでは、日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医、日本形成外科学会認定の形成外科専門医が、それぞれの分野に特化しつつ、連携・協力しながら診療しています。このスタイルは、勤務医の頃にそうありたいと思っていた形が実現されたものです。患者さんは、疾患や症状によっては、皮膚科なのか形成外科なのかどちらを受診してよいのか分からないということが、少なからずあると思います。このような場合にも、ぜひ、当クリニックを訪れてください。症状や患者さんの希望に沿って、より適した科を受診することが可能です。皮膚科に行った後に他の形成外科へ足を運ぶ、といった手間が省けることで、患者さんの負担の軽減に少しでもつながりましたら幸いです。

 

Doctor blog〜専門医とは?〜

皮膚科ご紹介

湿疹、蕁麻疹、ニキビ、うおの目などのポピュラーな疾患や、イボ、とびひ、おでき、水虫などの感染症、その他色素異常症、脱毛症、角化症などいろいろな皮膚病に対して、速やかな診断、治療と丁寧な説明を心掛けております。
またホクロ、粉瘤、その他のできもの、治りにくい陥入爪などは、当院形成外科での治療や、必要な場合は他病院へのご紹介も行っております。
お気軽にご相談ください。

形成外科ご紹介

2020年4月より、週4日で形成外科診療を開始しました。私は主に関東で、形成外科の経験を積んできました。最終的に主任医長という立場から、形成外科のさまざまな疾患を治療し、市中病院の形成外科を支えてきました。
形成外科がある市中病院は少なく、またあったとしてもスタッフの人数が少ないのが現状です。そのため大変混雑してしまい、外来の待ち時間が長くなる、また手術までの日数がかかってしまう、初診を若い医師が担当することが多く、治療に対する知識や手術スキルにばらつきが生じることが問題点であると、今までの経験から感じてきました。もちろん大きな病院で治療を受けるべき疾患もたくさんあり、クリニックでどこまで治療できるかを見極める力というのは、安全に医療を行う上でとても大切です。
安全で分かりやすいを第一に、クリニックで安心して行える治療を提供していきたいと考えています。

院内のご紹介

TOP