YUKI皮フ科形成外科

CO2レーザー
(炭酸ガスレーザー)

炭酸ガスレーザー(黒子、イボなど)

CO2レーザーとは

炭酸ガスレーザーは水分を含むものに吸収される性質を持ちます。

皮膚には水分が多く含まれるため、照射すると一瞬にして熱エネルギーに転換し、組織を蒸散させることが可能です。

短時間に高エネルギーをピンポイントで照射することができ、治療時間を短く、皮膚組織の損傷を少なくできます。

副作用
瘢痕、再発
費用
料金案内参照
治療期間
処置後約2週間の軟膏処置が必要

当院のCO2レーザーの紹介

UAL3000DP
UAL3000DP

・90μsecのウルトラパルス発振

・厚生労働省承認機器【承認番号:22700BZX00123000】

パルス幅とはレーザーが発振される時間のことです。この発振される時間が短ければ短いほど、照射部位の熱変性によるダメージを最小限にできます。また同時に瞬間的なパワーであるピークパワーは強くなります。パルス幅90μsecは炭酸ガスレーザーとしてはかなり短いパルス幅です。
(通常のシングルパルスモードで5〜500msec、スーパーパルスモードで100~800μsec)

パルス幅

実際の使用効果を分かりやすく言うと、他のパルス幅の機器と比べて、
熱による皮膚のダメージを最小限にして、なおかつ良い切れ味で病変を削りとる』 ということです。

適応

あまりに大きなものや、体幹などのできものでは瘢痕(傷あと)が目立つ場合があるため、手術による切除をオススメする場合があります

治療の流れ

1. 局所麻酔

とても細い注射針で痛み止めの薬を注入します(ご希望の方は注射の痛みを和らげるテープもあります)

2. レーザー治療

レーザー照射し病変を削切
レーザー照射し病変を削切
削切した部位

3. 後療法

上皮化
傷口に軟膏を塗布
被覆材を貼り乾燥を防ぐ
施術後10〜20日で上皮化
TOP