YUKI皮フ科形成外科

Qスイッチ・ルビーレーザー

NanoStar R(ナノスターアール)
:ドイツAsclepion

クリックすると画像が切り替わります

  • 厚生労働省承認機器
    【医療機器承認番号:22900BZX00055000】
  • ハイドピースにマイクロレンズアレイを採用し、ムラのない均一な照射が可能
ハイドピースのマイクロレンズアレイ

Qスイッチ・ルビーレーザーとは

レーザーの波長(694nm)がシミなどの原因であるメラニン色素に吸収されやすく、さまざまなシミやアザを治療することができる機器です。非常に強いレーザー光を、ごく短時間に発光させることにより、皮膚内部の病変の治療が可能です。照射時間幅が非常に短く、周囲へ熱が伝わりづらいため、正常組織の熱損傷が少ないとされています。

副作用
炎症後色素沈着・色素脱失
費用
料金案内参照
治療期間
3〜6カ月

適応

  • 老人性色素斑
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
  • そばかす(雀卵斑)
  • 口唇メラノーシス
  • 太田母斑
  • 扁平母斑
  • 外傷性刺青
  • 異所性蒙古斑

治療の流れ

1. レーザー照射

ルビーレーザーでメラニン色素を選択的に破壊

レーザー照射

2. 後療法

破壊されたメラニン色素は、表面に排出もしくは吸収される

レーザー照射後は、10日間以上、軟膏、ガーゼもしくはテープ処置が必要

後療法

しみの種類と特徴

そばかす(雀卵斑)経過の詳細はこちら

  • 学童期に発症
  • 1〜5mm大の比較的均等な褐色班が散在
  • 顔の中央(鼻)に必ず発症
  • 紫外線・妊娠で増悪(完治が難しい、再発しやすい)
ソバカス
ソバカス拡大
ソバカス ソバカス拡大

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

  • 20歳代に発症することが多い (13〜50歳代発症の場合もあり)
  • 灰褐色~青褐色の小班性〜びまん性の色素班
  • 頬骨部、下眼瞼、鼻、上眼瞼外側〜側頭部などに両側対称性に生じる
  • 真皮にメラニンを含んだメラノサイトが増加している状態
  • Qスイッチ・レーザー治療が2〜3回程度必要(深部に病変が存在しているため)
ADM
ADM拡大
ADM ADM拡大

老人性色素班経過の詳細はこちら

  • 多くは40歳以上で発症(20 or 30代から発症の場合もあり)
  • 茶褐色の境界が比較的明瞭な色素班
  • 紫外線の当たりやすい顔の側面に多い(分布はランダム)
  • 表皮基底層のメラニン顆粒の増加している状態
  • 紫外線で増悪
老人性色素班
老人性色素班拡大
老人性色素班 老人性色素班拡大

肝斑経過の詳細はこちら

  • 化粧をしだす年代(20〜40歳代)に多く発症
  • びまん性(場合により網目状)の茶褐色班
  • 頬部、前額部、上眼瞼外側、口唇などに両側対称性に生じる
  • 慢性刺激(こすり過ぎ)、レーザー治療で増悪
  • 紫外線・ホルモンバランスの乱れで増悪する可能性もあり

治療:トラネキサム酸内服 こすらないスキンケア

肝斑
肝斑拡大
肝斑 肝斑拡大
TOP