YUKI皮フ科形成外科

Qスイッチ・ルビーレーザー

NanoStar R(ナノスターアール)
:ドイツAsclepion

クリックすると画像が切り替わります

  • 厚生労働省承認機器
    【医療機器承認番号:22900BZX00055000】
  • ハイドピースにマイクロレンズアレイを採用し、ムラのない均一な照射が可能
ハイドピースのマイクロレンズアレイ

Qスイッチ・ルビーレーザーとは

レーザーの波長(694nm)がシミなどの原因であるメラニン色素に吸収されやすく、さまざまなシミやアザを治療することができる機器です。非常に強いレーザー光を、ごく短時間に発光させることにより、皮膚内部の病変の治療が可能です。照射時間幅が非常に短く、周囲へ熱が伝わりづらいため、正常組織の熱損傷が少ないとされています。

副作用
炎症後色素沈着・色素脱失
費用
料金案内参照
治療期間
3〜6カ月

適応

  • 老人性色素斑
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
  • そばかす(雀卵斑)
  • 口唇メラノーシス
  • 太田母斑
  • 扁平母斑
  • 外傷性刺青
  • 異所性蒙古斑

治療の流れ

1. レーザー照射

ルビーレーザーでメラニン色素を選択的に破壊

レーザー照射

2. 後療法

破壊されたメラニン色素は、表面に排出もしくは吸収される

レーザー照射後は、10日間以上、軟膏、ガーゼもしくはテープ処置が必要

後療法
TOP