YUKI皮フ科形成外科

腋臭症(ワキガ)・多汗症

腋臭症多汗症の治療にはオーバーラップする部分が多いため、まとめて説明します。

①保存的治療

 

保存的治療としては外用剤を塗布することにより、汗腺を塞いで汗を抑えたり(塩化アルミニウム液)、神経伝達物質の受容体をブロックすることによりエクリン汗腺からの汗の分泌を抑える(エクロックゲル)方法があります。

またボツリヌス注射を行い、神経終末におけるアセチルコリンという神経伝達物質の放出を抑制し、交感神経の伝達を遮断することにより、エクリン汗腺からの汗の分泌を抑えることができます。アポクリン汗腺はアドレナリン作動性であるため、直接的にボツリヌス注射が作用はしませんが、相対的にエクリン汗腺からの発汗量が減少し、蒸れなくなることにより臭いの減少につながると考えられています。ボツリヌス注射の効果は約半年ですが、継続的に注射を行い、発汗を抑制していると汗腺が萎縮し、注射をやめた後も発汗量の減少が継続しているとの報告もあります。

直接的ではないですが、脱毛も汗による蒸れを軽減することで、細菌の繁殖を抑え、臭いの減少につながるのではと示唆されています。

②外科的治療

 

外科的治療としては、脇の皮膚のシワに沿って切開を入れ、皮膚を裏返して、はさみでアポクリン汗腺を切除していく剪除法(皮弁法)が一般的です。これは主にアポクリン腺が原因である「腋臭症」に対して行われる治療です。なぜならエクリン腺アポクリン腺よりもさらに浅い部分に存在するため、この手術でエクリン腺まで全て除去しようとすると、皮膚がとても薄くなり、皮膚壊死のリスクが高まります。手術の際にアポクリン腺のみでなく、エクリン腺も部分的に除去はされるので発汗量は相対的に減少しますが、一番の目的は ”臭いを減らすこと”です。


脇は圧迫が難しく、安静度をしっかり守らないと、術後に出血による血腫形成やそれに伴う皮膚壊死のリスクがとても高いです。そのため当院では片脇ずつの手術しか行っておりません。また術後2〜3日はタイオーバー固定(綿を塊にしたものを、皮膚にかけた糸で縛って圧迫を行う固定)をするため、患肢挙上禁止・入浴シャワー浴も禁止と他院よりも厳しい安静度を設けさせて頂いております。少しでも合併症を減らすためですのでご理解下さい。(ダウンタイムをとるのが難しい方は、当院では導入しておりませんが、マイクロ波もしくは極細針を通して熱を加え汗腺を破壊する機器や,カニューレのような吸引器で汗腺を吸引する機器などもあります。)

TOP